老後を施設で暮らすためにはいくら必要なのか

いずれはお世話になるはずの、老人ホームの費用は誰もが知りたいところ。相場を調べて、概算を試みました。

サイトトップ > 解約した場合、いくらくらい返ってくるのでしょう?

スポンサードリンク

老後を施設で暮らすためにはいくら必要なのか

解約した場合、いくらくらい返ってくるのでしょう?


終身利用型で老人ホームと契約し、途中で解約したらどのくらい返金されるのかを計算してみましょう。


★「初期償却がないケース」=返還額:入居金×{償却期間−居住月数}*入居金6,000,000円/償却期間60ヶ月(5年)/居住期間25ヶ月/償却率 1ヶ月ごとに償却→返還額約3,500,000円(=6,000,000×{(60−25)÷60}) 


★「初期償却があるケース」=返還額:入居金−(入居金×初期償却率)×{(償却期間−居住月数)÷償却期間}/入居金6,000,000円/償却期間60ヶ月(5年)/居住期間25ヶ月/償却率 1ヶ月ごとに償却/初期償却率20%→返還額約2,800,000円(=6,000,000−(6,000,000×0.2)×{(60−25)÷60})。老人ホームに入居金600万円を支払い、入居してから2年1ヶ月で中途解約をした場合、初期償却がないと約350万円、初期償却があると約280万円の返還があることになります。


初期償却とは最初の段階から一定の割合で入居金が返還されるので、どちらが得かはいちがいには決められません。ただ、入居を検討するさいには初期償却があるかないかは必ずチェックしておくべき事項です。老人ホームを出るときにまとまった金額が必要だと判断すれば初期償却なしがベターだとはいえますね。


老後を施設で暮らすためにはいくら必要なのか

MENU



スポンサードリンク