老後を施設で暮らすためにはいくら必要なのか

いずれはお世話になるはずの、老人ホームの費用は誰もが知りたいところ。相場を調べて、概算を試みました。

サイトトップ > 介護サービスにかかわる金額について

スポンサードリンク

老後を施設で暮らすためにはいくら必要なのか

介護サービスにかかわる金額について


老人ホームによって介護保険自己負担に関する規定はちがってきますが、サンプルまでに介護保険自己負担の目安を計算してみました。


★「介護つき有料老人ホーム」介護認定度・要支援/1ヶ月あたり(30日)約7,000円、同・要介護1/同約16,000円、同・要介護2/同約18,000円、同・要介護3/同約20,000円、同・要介護4/同約22,000円、同・要介護5/同約25,000円。


★「住宅型有料老人ホーム」介護認定度・要支援/1ヶ月あたり(30日)約6,000円、同・要介護1/同約17,000円、同・要介護2/同約20,000円、同・要介護3/同約27,000円、同・要介護4/同約31,000円、同・要介護5/同約36,000円。


さらに介護サービスで言及すべきは、「介護サービスの上乗せ・横だしサービス」でしょう。有料老人ホームでは、入居者に豊かで快適な生活を提供するため、介護保険で定められた以上の介護サービスを提供している場合があります。


上乗せサービスは、国の指定基準が要介護者3人に対し介護スタッフ1人、3:1であるところ、2.5:1、あるいは2:1のようにスタッフを増やしているもの。横だしサービスは、提供するサービス内容が、性質上介護保険給付と認められないもの(食事の提供やおむつ代など)を入居者に提供するサービスです。


老後を施設で暮らすためにはいくら必要なのか

MENU



スポンサードリンク